平成15年   春   3/26〜6/11
N O 地  域 地   名 月 日 内      容

335
北八甲田 高田大岳 06/11 凄まじき雪崩・・

334
北八甲田 萱野高原上部 06/07 オキナグサに先駆けてフデリンドウとヒメハギが密やかに咲き出す・・

333
北八甲田 萱野・火箱沢 06/07 萱野高原の細流、・・

332
北八甲田 萱野睡蓮沼他 06/05 「やませ」の影響で南側の猿倉方面はガスっていた・・

331
北八甲田 八甲田大岳 06/03 ミツガシワなど二週間も早いのではないか・・

330
北八甲田 八甲田大岳 06/03 大岳の山頂に立って視る「日本の幅」もまた格別だった・・

329
北八甲田 萱野上部 05/30 ブナの目立ち、枯れ葉を押し上げて伸びようとしている・・

328
北八甲田 田茂萢 05/30 シラネアオイ群落、サンカヨウ・オオバキスミレが付き添っている・・・

327
北八甲田 田代湿原 05/25 霧のブナ林・ 仙人橋から赤沼へ・・

326
北八甲田 高田大岳 05/24 燦々と輝く日を受けてミヤマハンノキやミネザクラが旬であった・・

325
南八甲田 奥入瀬・十和田 05/23 何気ない苔生した岩にも神宿る感じであった・・・

324
北八甲田 石倉岳・睡蓮沼 05/23 ダケカンバ新緑 石倉岳から睡蓮沼へ・・

323
南北八甲田 城ヶ倉他 05/21 ブナ新緑最前線はその生育限界に迫っていた・・

322
南八甲田 蔦の森 05/17 新緑の蔦の森 ・ 城ヶ倉・睡蓮沼・・

321
北八甲田 萱野高原 05/14 新緑の中萱野高原から酸ヶ湯温泉へ・・

320
北八甲田 八甲田大岳 05/14 オキナグサが咲き、アズマギクも蕾を一杯見せていた・・

319
北八甲田 赤倉岳 05/09 1500mの山頂域は、真冬並みの寒さと20m/sの強風・・

318
南八甲田 蔦の森 05/06 赤沼に上る途中で、思いがけずブナの花を撮影することができた・・

317
南八甲田 蔦の森 05/06 蔦の森六沼巡りは、四季を通して日本一の散策路だ・・

316
南八甲田 横岳山腹 05/05 城ヶ倉大橋からエゾノリュウキンカを訪ねて・・

315
青森市 水源地 05/04 山笑いブナ新緑 萱野高原から水源地ブナ植林地へ・・

314
青森市 沢山 04/28 山笑う春紅葉は、雑木林の恵みである・・

313
青森市 水源地 04/27 水源地上流部へシロバナカタクリを訪ねて・・。

312
青森市 水源地 04/27 ブナ新緑最前線 鉢森山を経て萱野高原へ・・。

311
津軽半島 竜飛崎 04/24 早春の竜飛崎から竜泊ラインを廻る・・。

310
津軽半島 奥内 04/22 津軽半島の早春 ・ ヒメホテイラン、リュウキンカ・・。

309
西平内 流山 04/17 木の芽時・ テングスミレ、シロバナカタクリ・・。

308
南八甲田 横沼 04/15 櫛ヶ峰から横沼を経て城ヶ倉大橋へ下る・・。

307
南八甲田 櫛ヶ峰 04/15 残雪闊歩・睡蓮沼から駒ヶ嶺を経て櫛ヶ峰へ・・。

306
青森市 浅虫森林公園 04/13 春の女神舞う・ ヒメギフチョウ、ウスバサイシン・・。

305
南八甲田 横岳山腹 04/10 春の霧氷 横岳へつづくルートは、まるで氷の観桜会・・。

304
夏泊半島 大島 04/03 大島は春爛漫 ・ カタクリ、キバナノアマナ・・。

303
南八甲田 蔦の森 04/02 早春の赤沼・影沼・赤沼展望台・矢櫃を経て猿倉へ・・・・

302
十和田湖 十和田湖 03/14 早春の十和田湖 ・遊覧船で子の口から休屋へ・・

301
青森市 浅虫 03/26 早春の里山・マンサク、フキノトウ、ナニワズ・・.