冬を待つ八甲田@    :10月31日

ブナ林が落葉を終えて裸木となり八甲田山はブナの冬芽の色彩に彩られた。
自称「冬色」と評しているのだが何故か新緑や紅葉よりも心が和むのである。
無彩色の登山路では普段気付かなかったツルツゲなどの実が目立つのだった。