NO.68   睡蓮沼から蔦の森へ__10月5日

久々の日本晴れであった。ある昆虫を観察しようと先輩のお供で蔦の森へ出かけた。 快晴の空の元で見ると、改めて八甲田の紅葉が大幅に遅れているのがみえてくる。 8月が低温で、木々の葉が十分に育たなかったためだろうか、紅葉にも充実感が薄く、 いちおうに葉は萎れていて、枯斑の目立つ葉も多い。 林道の奥の疎林では、淡い藍色の花が、季節はずれの歌を唄っていた。 蔦の森では、紅葉の季節を待つかのように、湖沼が静まり返っていた。 帰路、岩木山展望台で、御山の右肩に沈もうとする落日に出会った。 この落日が、岩木山の左肩に移ると、津軽も本格的な紅葉の季節を迎える。

蔦野鳥の森自然観察路と六沼_____ 酸ケ湯-蔦地図
萱野高原と八甲田山__まだ紅葉の
時期ではないのだがシナノキは落葉。
睡蓮沼と硫黄・大岳__10/5
季節はずれのエゾアジサイ__蔦林道:10/5
日が傾きかけた瓢箪沼__10/5 逆光のオオカメノキ__菅沼:10/5
落日の岩木山<17:10>_岩木山展望台:10/5
5日青森日没17:14、方位 265。
月出 17:07、月齢 14.4