NO.69 ブナ帯上部で錦秋__10月11日

    快晴の日曜日とあって、八甲田大岳登山コースは、勤労者山岳会など団体登山で混みあっていた。
    380度展望の山頂だったが、平日の静かな山頂は望むべくもなく、早々に毛無岱へと下山を急ぐ。
    結果的には、それが幸いした。毛無岱は正に、錦秋真っ盛りの世界で、まだ太陽光も平板になっていない。
    紅葉情報では、少々悲観的な予測を掲載していたが、このような別天地もあったのだ。
    今日一日で亜高山帯の紅葉は堪能し尽くした思いだった。
      注_JRバスは、路線一部不通のため、蔦温泉に立ち寄る便で40-50分、立ち寄らない便でも20-30分遅れてます。

大岳を望む__酸ケ湯温泉:10/11 霞む岩木山__大岳山頂:10/11 南八甲田と仙人岱__大岳山頂:10/11
紅葉・開花同居のチングルマ_仙人岱:10/11 木道と横岳__上毛無岱:10/11 下毛無岱を望む__上毛無岱:10/11
ダケカンバ帯__下毛無岱:10/11 大岳を望む__下毛無岱:10/11 大岳・井戸岳__下毛無岱:10/11
ブナ帯上部の紅葉__下毛無岱下部:10/11 ミヤマナラの紅葉_下毛無岱下部:10/11 駐車場満杯の酸ケ湯__湯坂:10/11