NO.105  紅葉はじまる八甲田  9月27日

深田久弥が、日本百名山の「八甲田山」で描写した

見晴らしはすばらしい。東の方には遠く小川原沼が薄白く光り、その向こうは太平洋である。 西には津軽の名山岩木山がそびえ、その右手の低くなった所は日本海である。 居ながらにして日本の巾を望みうると同時に、みよ・・。・・岩手山であり鳥海山である。


がそのまま再現された八甲田大岳山頂の展望であった。
平日で山頂に人影は少なかったが、皆言葉少なにこの大展望に見とれていた。
紅葉はじめた植物:ヤマウルシ、ヤマブドウ、ナナカマド、オオカメノキ、チングルマ、ミネザクラ、ミネカエデ、ヤマドリゼンマイなど、 台風18号の影響だろう、ナナカマド、ミネカエデなどに風で痛んだ葉が多く、本格的な紅葉シーズンでの影響が心配される。

南八甲田の赤倉岳と乗鞍岳の向こうに戸来岳・十和田山と岩手山・八幡平。画面に映っていないが左に早池峰山、右に鳥海山が望まれた。

田茂萢岳の向こうに日本海と七里長浜、画面の左に岩木山。


南部赤倉岳と戸来岳__仙人岱 

大岳ヒュッテと岩木山__ 

乗鞍岳と岩手山・八幡平__大岳

ホソバイワベンケイ_井戸岳

ミネザクラ_赤倉岳

ナナカマド__田茂萢 

アオモリアザミとアカタテハ__萱野高原

赤倉岳と遠く青森市街と陸奥湾 

秋色の湿原と井戸・大岳_田茂萢